為替がブレイクした時のFX

ほぼ同じレートでジグザグに上下するのが、
為替レートの本来の動き。

数ヶ月に渡って、
本当に長い期間そんな状態の場合もあります。

でもどこかで、何かのタイミングでその動きの枠を超えて、
上下方向のどちらかに大きく動いていくものでもあるのです。

ブレイクポイントと呼ばれていて、
何かの要因が絡んでいくからです。

経済を大きく揺るがすような
ファンダメンタルな要因だけでなくてもブレイクします。

もしブレイクした時に、
自分の予測した方向と反対の動きならば、
すぐに損きりをして損失へのリスクを回避しなければなりません。

でもブレイクポイントが起こるとその後の動きは、
テクニカル分析を頼りにしていかないと予測が難しいのです。

良くあるパターンは、
ブレイクしても元の落ち着いた値動きに戻っていくケースです。

ですからブレイクポイントの捉え方は
しっかりと抑えて行きましょう。

消費税アップは、FXのチャンスです

経済政策で始まった消費税の5~8%アップですが、
増税前の庶民の動きとして大きかったのは、
買いだめとか不動産の駆け込み契約、
さらに自動車や家電の購入台数の増加だったようです。

でも過去2回の消費税アップによって、
景気低迷という動きを招いているのですよ。

ですからFXをやっている人には、
要注意の時期となっていて、
日本円レートの動きをしっかりと
見極めていかないといけないのです。

過去の消費税のアップでは、
結果的には1~3年で30円も円安に動いたのですが、
FXは短期戦で仕掛けていくものですから、
旨く捉えていければここ1~3年はチャンスを呼び込んでくれるのです。

消費税アップが景気を低迷させていくのか、
国の財政を有利にしていけるので、
国の活気が上がっていって好景気を呼んでいくことも可能です。

これからは、日本円の価値が変わっていく時代なのです。

数値化して変動の感を養っていくのが、FXの上達法です。

いきなり大きなトレードを行っていくには、
投資の素人であるFXビギナーには無理です。

でもFXは少額からでも投資ができますから、
素人からでも始められるメリットがあるので
大いに活用していきましょう。

世の中の動きを表すには、
数値化していくやり方がありますが、
為替レートの変動を数値化していって、
その要因を読んでいければ、
FXの売り買いの感を養って行けると思いかせんか。

上がるか下がるかを予測できるようになっていくのが、
FXトレードの上達法となってきますが、
FXにはレバレッジというお金の価値を
数倍に高めてくれるものがあるのですが、

初心者のFX入門者には、
まだ先だと考えていったほうが、
損金が少なくて済むのです。

少しずつレバレッジを上げていって
自信を付けていくことの方が必要です。